注文住宅が断トツで選ばれている理由を知ろう

冬暖かく夏涼しい

室内

自然の力を上手に活用

シックハウスや化学物質過敏症など、大阪で新築した家が原因で身体に不調が現れるケースがあります。問題視されているのは新築の家の材料によく使われる化学物質です。そこから揮発性の有機化合物が出て、身体に悪影響を与えると言われています。対策の1つとして新築に自然素材を使うことが有効です。床材や壁材など仕上げ材にムクの木材を用いるのがよいあるやり方です。壁材には、珪藻土や漆喰など昔からある塗り壁を用いるのも1つの方法です。一口に自然素材といっても様々な種類があるので、見た目や触り心地、費用やメンテナンスのことを考慮して、適材適所で検討しましょう。意外に忘れがちなのが室内に風の通り道を造ることです。揮発性の問題物質が家の中に生じたとしても、換気や通風に気をつけていれば、そのうち室外に吐き出されていくので安心です。家の中の温熱環境を快適なものに保つ上でも大切なことなので、採光のことと共によく考えておきましょう。大阪で健康に暮らせる家は素材にしても風にしても自然の力を上手に活用した家とも言えます。大阪で新築する際には、冬暖かく夏涼しい家を建てたいと誰もが思うことです。エアコン頼みにすればそれは簡単ですが、電気代がかかるし身体にも悪そうです。家電製品の力を借りるのではなく、自然の力を利用して冬暖かく夏涼しい家を実現したいものです。大阪の昔ながらの家の造りにも学ぶ点はあります。深いひさしや庭の木立ちなどで陽ざしを遮ったり、熱を伝えにくい土や植物を上手く使って夏の暑さを室内に入れにくくするなどです。